敏感肌でニキビができる原因

お肌がカサカサで敏感肌なのにニキビができて困っているという方も多いと思います。

 

ニキビを治そうと思って、薬をつけたくてもそもそも乾燥肌で敏感になっているのでヒリヒリしたら嫌だし、と、不安になる方も多いのではないでしょうか。まず原因から探るという観点で見てみますと、ニキビは、乾燥肌が原因で起こる皮膚のトラブルです。

 

そしてお肌が赤くなったり、ヒリヒリしたりする敏感肌も、乾燥肌が原因で起こる皮膚トラブルです。つまり、ニキビも、敏感肌も乾燥肌が原因でおこる現象ですので、乾燥肌をケアすることで、ニキビと敏感肌の両方を改善することが可能です。


敏感肌とニキビの両方を改善する乾燥肌対策とは

敏感肌とニキビの両方を改善すると言っても何も大それたことをするわけではありません。原因は乾燥肌と分かっているわけですから、乾燥肌を解決すれば良いわけですね。

 

「では、どんな時にお肌が乾燥するのかを考えてみましょう。」

 

お肌は、日中においては、汗と皮脂の混ざった皮脂膜という膜に覆われており、いわゆる天然の皮膚保護成分で守られています。この皮脂膜が落ちた時が最もお肌が乾燥する場面ですね。その皮脂膜が落ちる時というのは、「洗顔時」です。ですから洗顔と乾燥対策は切っても切り離せないものになります。洗顔石鹸で大事なことは、皮脂膜が落ちた後の皮膚を保護する成分が入っているかどうかです。

 

これが全くないものですと、いきなり乾燥してしまいますので、乾燥肌になり、また皮膚を保護しようとして皮脂が過剰に出過ぎてしまいます。その時に毛穴が詰まっていると、皮脂が毛穴の中にたまり、ニキビの原因となるのです。ですから皮膚保護成分の入った洗顔石鹸を選ぶようにしてみてください。

 

この洗顔石鹸選びが「敏感肌とニキビを解決する大切なこと」になります。

 

■ニキビなどのトラブル肌用に開発された洗顔石鹸はこちら
↓↓↓
ココラルム



 

乾燥肌だから敏感肌になり、ニキビができる。このことを理解していれば、どのような対策をすべきなのかが見えてきますね。乾燥肌は、体質的なものもありますが、そのほとんどが後天的な原因によって起こるものです。数多くの洗顔石鹸、保湿ケア商品がある中で、正しいアイテムを選ぶことが乾燥肌を解決する第一歩になります。成分に少し気を使うことで、長年悩んでいた乾燥肌、敏感肌、ニキビをきれいに治すことができますので、ポイントを押さえた洗顔石鹸、基礎化粧品選びをしてください。成分を確認し、界面活性剤や化学薬品を使った石鹸や、オイルやパラベンなどを使った基礎化粧品は避けるようにしましょう。このサイトでご紹介している洗顔石鹸と基礎化粧品は成分、実績の面では問題ありません。一度試してみることをお勧めします。