口周りが乾燥する原因と対策

■口周りってなぜ乾燥するの?

 

口の周り、唇、あごなどが特に乾燥して困っているという方も多いですよね。

 

原因はいろいろありますが、口の周りだけが乾燥するという方は、体質的なものや、アレルギー、ストレスなどが原因としてあげられます。

 

口の周りは、だれでもそうなのですが、もともとお肌の水分の蒸発を防ぐ皮脂膜が少ない場所なので、そこに個人の体質的な要因やストレスなどでさらに皮脂の分泌が少なくなり、乾燥がひどくなるということがあるのです。

 

また、口の周りの筋肉は良く動きます。物を食べたり、おしゃべりをしたり。

 

そういった動きは、お肌を乾燥させる原因にもなりますので、特に保湿ケアが必要な場所でもあります。

 

こういった先天的な要因が口の周りにはあるという事をまずは覚えておきましょう。

 

ファンデが朝は肌になじんでいるのに、午後に口周りだけ粉を吹いてしまうという状況は、典型的な口周りだけ乾燥し、肌が荒れている証拠ですね。

 

次に口周りの乾燥対策についてご説明します。

 

■口周りの乾燥対策|大切なのは?

 

乾燥肌の対策は、「生活習慣の見直し」と「スキンケア」の両面からのアプローチが大切です。

 

【生活習慣の見直しについて】

 

生活習慣については、食生活と睡眠に気を配ってください。

 

肌の保湿成分が作られるのは、角質層の奥にある真皮という肌の土台部分。真皮の線維芽細胞の活動によって、セラミドやコラーゲン等の保湿成分が作られます。

 

この線維芽細胞を活性化させるためには、アミノ酸が必要です。特に必須アミノ酸を多くふくむ、肉、魚、卵、豆製品をよく食べるようにしてください。

 

睡眠に関しては、細胞が活性化しやすい時間帯である夜10時〜2時の間に睡眠をとると良いでしょう。忙しい現代人はなかなかこの時間帯に寝る事は難しいかもしれませんが、意識だけはしておきましょう。

 

【スキンケアについて】

 

スキンケアについては、洗顔と保湿ケアが大切です。そして、口周りが乾燥している方が特に意識してほしいのは洗顔です。

 

実は業界では、「肌ケアは洗顔に始まり、洗顔に終わる」と言われています。

 

実際には、もちろん保湿ケアも重要なのですが、特に洗顔に気を配ることで、肌の状態が劇的に変わりますので、まずは洗顔に気を使ってみてください。

 

※気を付けるべきポイントとは?

 

・泡立ちの良い保湿タイプの洗顔石鹸を選ぶ事
・ごしごし強い摩擦での洗顔はしない事
・ちょっと冷たく感じる程度のぬるま湯(30℃くらい)ですすぐこと

 

こうする事で、肌の乾燥を最小限に抑えた洗顔ができ、口周りの乾燥を抑える事ができます。

 

洗顔を制する者はスキンケアを制します。

 

まずは上に挙げたポイントを覚えておきましょう。

 

【関連記事】

保湿タイプの洗顔石鹸|乾燥を防ぐ人気洗顔石鹸3選

 

 

 

 

 

 

 

 

 

口の周りが乾燥していると、その周りだけ皮膚が薄く、敏感肌になっていますので、洗顔石鹸は、お肌に刺激を与える化学成分を配合していない、つまり天然由来の成分のみを使っているということが大切です。また、そもそも洗顔は汚れが落ちると同時に皮膚を表面で守っている皮脂膜も落ちてしまいます。ですから保湿成分を配合しているものを選ぶとよいでしょう。また、洗顔をする際はとにかく優しく洗うようにしてください。特に口周りはごしごしこすればこするほど、傷がつき、乾燥しやすくなってしまいます。泡立ちが良い洗顔石鹸で優しく洗いましょう。この石鹸を使うと、保湿効果はすぐに実感してもらえます。しかしながら、粉を吹いてしまうほど、口の周りが荒れている方は、皮膚の内側にある角質層から治していかなければいけません。肌の内側から治していく場合は、多少時間がかかる場合もあります。お肌のターンオーバーは通常28日周期です。しかしながら、お肌が荒れていたり、乾燥している人の場合は、60日程度かかってしまうこともあります。ですので、石鹸の効果(肌の内側からすっかり治す)を見る際は、最大で2カ月程度は見るようにしてください。そうすることで、お肌はかならず内側からよみがえってきます。それ以降は、正しい洗顔を続けることで口周りの乾燥の悩みから永久に解放されます。口の周りが特に乾燥する方は、クリームを塗ってお化粧でごまかしたり、化学系の成分が入った基礎化粧品などを使ったりしてはいけません。まずは泡立ちが良く、天然由来の成分を原料に作られた洗顔石鹸を使ってみるようにしてください。また、口周りに潤いを与える為に、乾燥肌用の化粧水や美容液などを使いましょう。口の下やあごの部分は、場所的に保湿ケアがしにくい場所でもあります。そこを意識的に集中して、ハンドプレスで潤いを与えお肌にハリを取り戻しましょう。敏感肌の方は、成分にも気をつけてください。特に洗顔石鹸は皮脂を落としますので、お肌が荒れて皮膚が薄くなり、敏感肌になりやすいのです。



口の周りが特に乾燥するという方は、本サイトでご紹介している洗顔石鹸をまずは試してみることをお勧めします。口の周りが乾燥していると、その周りだけ皮膚が薄く、敏感肌になっていますので、洗顔石鹸は、お肌に刺激を与える化学成分を配合していない、つまり天然由来の成分のみを使っているということが大切です。この石鹸を使うと、保湿効果はすぐに実感してもらえます。しかしながら、粉を吹いてしまうほど、口の周りが荒れている方は、皮膚の内側にある角質層から治していかなければいけません。肌の内側から治していく場合は、多少時間がかかる場合もあります。お肌のターンオーバーは通常28日周期です。しかしながら、お肌が荒れていたり、乾燥している人の場合は、60日程度かかってしまうこともあります。ですので、石鹸の効果(肌の内側からすっかり治す)を見る際は、最大で2カ月程度は見るようにしてください。そうすることで、お肌はかならず内側からよみがえってきます。それ以降は、正しい洗顔を続けることで口周りの乾燥の悩みから永久に解放されます。口の周りが特に乾燥する方は、クリームを塗ってお化粧でごまかしたり、化学系の成分が入った基礎化粧品などを使ったりしてはいけません。まずは泡立ちが良く、天然由来の成分を原料に作られた洗顔石鹸を使ってみるようにしてください。また、口周りに潤いを与える為に、乾燥肌用の化粧水や美容液などを使いましょう。口の下やあごの部分は、場所的に保湿ケアがしにくい場所でもあります。そこを意識的に集中して、ハンドプレスで潤いを与えお肌にハリを取り戻しましょう。敏感肌の方は、成分にも気をつけてください。特に洗顔石鹸は皮脂を落としますので、お肌が荒れて皮膚が薄くなり、敏感肌になりやすいのです。