洗顔後に肌がつっぱる原因

■顔のツッパリの悩みからそのメカニズムまで

 

洗顔後に顔のお肌がつっぱるという方も多いと思います。

 

つっぱる原因ですが、それは洗顔をするとお肌が乾燥するからです。では、なぜ洗顔でお肌が乾燥するのでしょうか?それは、通常お肌の表面にある皮脂膜が石鹸の洗浄成分で流されてしまうからです。

 

皮脂膜は通常、お肌の角質層の間にあるコラーゲンが保持している水分を蒸発させないという役割があります。

 

ですから、皮脂膜が取り除かれると、肌の内側にある水分が蒸発し、乾燥してしまうのです。

 

市販で販売されている洗顔石鹸で顔を洗うと、短時間でお肌がつっぱるのは、皮脂膜が取れることによる、お肌の内側の水分蒸発が原因です。特にお湯で洗顔している方は、お湯が肌から蒸発するときに、肌の水分も一緒に蒸発してしまうので、乾燥する傾向があります。

 

>>天然成分で潤う洗顔石鹸はコチラ<<


洗顔後に顔がつっぱる方の正しい洗顔と洗顔石鹸

洗顔後に顔がつっぱる原因は、皮脂膜が汚れと一緒に取れ、内側の水分が蒸発するからです。ですから、洗顔後の顔のつっぱりを防ぐためには、皮脂膜をできるだけ守りながら、洗顔することが大事です。

 

皮脂膜ができるだけ落ちないようにするためには、正しい洗顔をしなければいけません。

 

まず、ゴシゴシ洗いを止めましょう。汚れを良く落とそうとして、ゴシゴシこすってしまう方がいますが、このゴシゴシ洗いは、過剰に皮脂膜を落としてしまい、乾燥を促進させますので、決して良くありません。

 

ですから、泡立ちの良い洗顔石鹸を使い、泡で優しく洗うようにしましょう。

 

それから、落ちてしまった皮脂膜のサポートをするために、皮脂膜と同じ役割をする保湿成分がお肌の表面に残るような洗顔石鹸を選ぶことが重要です。

 

また、お肌がつっぱる方は、皮膚が薄くなっており、ちょっとした刺激にも反応してしまう敏感肌の方が多いので、刺激のある成分が入っていない天然成分由来の石鹸を使うことも大事な事です。

 

洗顔後に突っ張らない洗顔石鹸はこちら
↓↓
植物成分で優しく洗う洗顔石鹸